カテゴリー別アーカイブ: Guitars

エフェクター考察 〜その弐〜

過去のライブ写真とかで確認してみたら、2010年くらいまでの足元はBOSSのチューナーとワウ、ドライブペダルが1〜2個、そこからアンプへ…って感じなんだけど、アンプのエフェクトループにディレイなんぞを使い始めてますね。よく覚えてないけど多分その前年くらいからでしょうか。

ディレイとかリバーブとかPAまかせだったことは既出ですが、やっぱりね、微妙なウェット感とか
エコー感ってのはなかなかこちらのイメージ通りにはいかないもので、「これはやっぱり人任せではアカンでしょ」ということで、また空間系のエフェクターをいろいろ使い始める訳です。

で、空間系のエフェクターはアンプの前に入れると、どうしてもドライ音とエフェクト音のバランスが取り辛いし、かかり方もあまり綺麗ではないので、アンプのセンドリターンに入れて使うのが
好きです。ちなみにこの時期に使ってたのはこんなんでした。

テープエコーっぽい雰囲気のCarl Martin「Echotone」…これは真ん中のフットスイッチでディレイタイムをツマミの位置とタップモードの2種類で切り替えられるので、スラップバックエコーとロングディレイとを曲中で切り替えて使えるのが便利だったのと、単純にルックスが好きで使ってました。音自体はけっこうモコモコな感じでしたが…。

リバーブとして使ってたのがエレハモの「Cathedral」… これもプリセットが8つあって、曲によっていろんなタイプのリバーブが使い分けできるのが便利でした。今でもそうですが、基本この手の
エフェクターは単機能で音が一種類では物足りないし、かと言って何十〜何百種類もあって、MIDI
でプログラムチェンジとかってのも面倒くさいので、数種類のをパッと手動で切り替えられるのが性に合ってます。

Fulltoneの「Choralflange」は単純にフランジャーとして必要な曲の時だけ使ってましたが、アンプの前に入れてた時とセンドリターンに入れて使ってた時と両方あったと思います。

そして、ドライブペダルはLandgraffがメインペダルではありましたが、やはり違うタイプの歪みも欲しくて、けっこういろいろ試しました。

上段最初の3つあたりはライブでも何度か使用しているので、見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。それ以外は自宅でのチェックと録音でちょっと使ったくらいで、ライブではほとんど使ったことないです。

Fulltone「Catalyst」はオーバードライブよりももっとファズっぽいニュアンスの音が欲しい時に使ってました。けっこう気に入っていて、2011年になって20数年振りに組んだエフェクターボードにも入れてましたが、ちょっとノイズが気になり始めて、2年後にはボードから外れました。

Fulltone「Ultimate Octave」はいわゆるオクタビア系のアッパーオクターブのサウンドが出せるファズです。ソロアルバムの「The Fuzz R Blue」のオクターブファズの音はこれです。ライブでも
何度か使用しましたが、オンにするとどうしても音圧が下がってしまって音が抜けて来ないのが難点でした。

Lovepedal「Les Luis」はビンテージツイード系のオーバードライブで、そっち系の音が欲しい時に使ってましたが、自分本来の音って感じではなかったので、一度もメインのペダルにはなりませんでした。

まあいろいろ試すうちに自分の求めてる音がだんだんはっきりと見えては来たんですが、こればっかりは、いくら情報をかき集めてyoutubeの試奏動画なんかを見たところで、実際に自分で使ってみないことには善し悪しも、自分に合う合わないも分からない訳で…ずいぶんと勉強代も払いましたが、まだまだ旅の途中という感じです(笑)というよりも、終わりなき旅…か?

〜続く〜

 

エフェクター考察 〜序章〜

1999年から2000年代半ばにかけては、ほとんどエフェクターって使ってませんでした。
その頃メインで使ってたアンプはMarshall JCM2000 DSL50ってやつで、足元にあるのは
チャンネル切り替え用のフットスイッチのみか、あってもチューナーとワウくらい。

軽くクランチ気味にセットしたクリーンチャンネルと、やや歪みの深いリードチャンネルを
フットスイッチで切り替えるだけで、リバーブだのディレイだのは必要な曲の時だけPA卓の
方でかけてもらうことにして、ほぼそれだけでなんとかなってましたね。


暗くて見え難いですが、これは2000年代半ばくらいの頃の足元。一番左にあるのがMarshallの
フットスイッチで、その隣がBOSSのチューナー、そしてSnarling Dogのワウ、一番右はBOSSの
フットスイッチのようだけど、何の用途だったかは不明(忘れてしまった)

当時はこのシンプル極まりないセッティングがけっこう気に入ってました。セッティングもバラしも超楽だし(笑)音色選びも迷う要素が全くないから、純粋にプレイに集中出来たしね。

でもこの後、徐々に音色に飽きて来ちゃったというか…何となく物足りなくなって、特に歪みの音にイマイチ色気が足りないような気がし始めて、あれこれとエフェクターをとっかえひっかえするようになって行く訳です。

これからここ十数年の間に使ったエフェクター、もう使ってないもの、使用中のもの、これから使ってみたいもの等々、ひっくるめて紹介して行きます。あくまでも個人の趣味嗜好によるものなので、どの程度参考になるのかわかりませんが…。

〜続く〜

弦張り替える時どうしてますか?

 

みなさん、ギターの弦を張り替える時って、どうしてますか?

まず最初に6本の弦を全部外してから張ります?

それとも1本ずつ外して、張って…を繰り返しますか?

僕は絶対的に後者です。

ストラトなどトレモロ付きのギターの場合はもちろん、アコギだろうがトレモロなしのギターだろうが、すべて1本ずつ外して、張って、大雑把にチューニングして、次の弦を外して…という手順を繰り返していきます。

これはあくまでも個人的な感覚上のことですが…最初に6本の弦全てを外してから弦を張ると、それまでのセッティングと何か微妙に変化してしまったと感じることが少なからずあって、逆に1本ずつ換えて行った方がそういった変化をより少なく出来ると感じるからです。

全部の弦を取り去った場合、それまでギターの各部に掛かっていた弦のテンションがゼロになって、ギターの状態が一旦完全にリセットされます。それがおそらく原因だと思うのですが、これがトレモロ搭載のギターになると、その違いはより顕著になります。

例えばストラトの場合、6本の弦の張力とトレモロのスプリングでバランスを取っている状態なので、そのバランスがリセットされたところから弦を張って行くと、以前と同じ状態のバランスに達するまで延々とチューニングを繰り返すことになります。
さらにこの間、ペグポストでの巻きたるみを取ったり、アーミング時のチューニングの戻りを確認しながらの作業になるので、全体で見るとけっこうな時間がかかるでしょう。

一方、弦を張った状態を維持しながら、1本ずつ外して→張って→チューニングして…というのは一見面倒そうに見えるかもしれませんが、トレモロ周りのバランスの崩れが少ない状態をキープしながら弦を張ることになるので、6本の弦を張り終えた時にはほぼ安定状態になっています。

それぞれの作業時間を計測したことはないので、どちらが早いのかは実際のところわかりません。
個人的には後者の方が効率良く感じますし、弦交換後の違和感もほとんどないことから、お薦めはしますが、まあ、人それぞれ感じ方は違いますので、ご参考までに。

イメージ