作成者別アーカイブ: hiroyukiotsuki

エフェクター考察 〜その弐〜

過去のライブ写真とかで確認してみたら、2010年くらいまでの足元はBOSSのチューナーとワウ、ドライブペダルが1〜2個、そこからアンプへ…って感じなんだけど、アンプのエフェクトループにディレイなんぞを使い始めてますね。よく覚えてないけど多分その前年くらいからでしょうか。

ディレイとかリバーブとかPAまかせだったことは既出ですが、やっぱりね、微妙なウェット感とか
エコー感ってのはなかなかこちらのイメージ通りにはいかないもので、「これはやっぱり人任せではアカンでしょ」ということで、また空間系のエフェクターをいろいろ使い始める訳です。

で、空間系のエフェクターはアンプの前に入れると、どうしてもドライ音とエフェクト音のバランスが取り辛いし、かかり方もあまり綺麗ではないので、アンプのセンドリターンに入れて使うのが
好きです。ちなみにこの時期に使ってたのはこんなんでした。

テープエコーっぽい雰囲気のCarl Martin「Echotone」…これは真ん中のフットスイッチでディレイタイムをツマミの位置とタップモードの2種類で切り替えられるので、スラップバックエコーとロングディレイとを曲中で切り替えて使えるのが便利だったのと、単純にルックスが好きで使ってました。音自体はけっこうモコモコな感じでしたが…。

リバーブとして使ってたのがエレハモの「Cathedral」… これもプリセットが8つあって、曲によっていろんなタイプのリバーブが使い分けできるのが便利でした。今でもそうですが、基本この手の
エフェクターは単機能で音が一種類では物足りないし、かと言って何十〜何百種類もあって、MIDI
でプログラムチェンジとかってのも面倒くさいので、数種類のをパッと手動で切り替えられるのが性に合ってます。

Fulltoneの「Choralflange」は単純にフランジャーとして必要な曲の時だけ使ってましたが、アンプの前に入れてた時とセンドリターンに入れて使ってた時と両方あったと思います。

そして、ドライブペダルはLandgraffがメインペダルではありましたが、やはり違うタイプの歪みも欲しくて、けっこういろいろ試しました。

上段最初の3つあたりはライブでも何度か使用しているので、見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。それ以外は自宅でのチェックと録音でちょっと使ったくらいで、ライブではほとんど使ったことないです。

Fulltone「Catalyst」はオーバードライブよりももっとファズっぽいニュアンスの音が欲しい時に使ってました。けっこう気に入っていて、2011年になって20数年振りに組んだエフェクターボードにも入れてましたが、ちょっとノイズが気になり始めて、2年後にはボードから外れました。

Fulltone「Ultimate Octave」はいわゆるオクタビア系のアッパーオクターブのサウンドが出せるファズです。ソロアルバムの「The Fuzz R Blue」のオクターブファズの音はこれです。ライブでも
何度か使用しましたが、オンにするとどうしても音圧が下がってしまって音が抜けて来ないのが難点でした。

Lovepedal「Les Luis」はビンテージツイード系のオーバードライブで、そっち系の音が欲しい時に使ってましたが、自分本来の音って感じではなかったので、一度もメインのペダルにはなりませんでした。

まあいろいろ試すうちに自分の求めてる音がだんだんはっきりと見えては来たんですが、こればっかりは、いくら情報をかき集めてyoutubeの試奏動画なんかを見たところで、実際に自分で使ってみないことには善し悪しも、自分に合う合わないも分からない訳で…ずいぶんと勉強代も払いましたが、まだまだ旅の途中という感じです(笑)というよりも、終わりなき旅…か?

〜続く〜

 

エフェクター考察 〜その壱〜

はっきりとは覚えていないけど、2008年くらいかな?
ドライブペダルを使うことにしたのは…。
Marshall JCM2000 DSL50のリードチャンネルの歪みも決して悪くなかったけど、
ギター側のボリュームを絞った時のもっさり感と言うか、しゃっきりしない感じ
が気に入らなかったのと、シャーっていうノイズが気になったのもあるし、まあ
前回述べたようにちょっと飽きてたのもあるでしょう。

それでとりあえずは当時すでに話題になってたけど、まだ手の出せる値段だった
Klon CentaurとLandgraff Dynamic Overdriveを買って試してみた。
結論から言うとCentaurは好みに合わなかった。で、Landgraffの方が非常に気に入ったので、
Centaurはほどなく売却処分。その後のあまりの高騰振りにちょっとばかり後悔もしたけど、
後になってJ.Rockett AudioのArcherっていう同系統のペダルも買ったけど結局使ってないから、
きっと合わないんでしょう。

わが敬愛するジェフ・ベック御大はCentaurをずっと愛用し、現在はArcherを使用中なので、
フォロワーとしては使うべきなのかもしれないけど、合わないものはしょうがない(笑)

いずれにしてもアンプのチャンネル切り替えをする代わりに、クリーンチャンネル固定で
ドライブペダルをオンオフする方がしっくり来ることが分かったので、しばらくの間は
DSL50のクリーンチャンネルとドライブペダルの組み合わせというセッティングに落ち着いた
のだが、そのうち「クリーンチャンネルしか使わないならシングルチャンネルのアンプで
いいじゃん」という思いに駆られ、DSL50から1987X、JTM45へとアンプが変わって行きます。

アンプに関しては現在はMarshall 1962 Bluesbreakerのアンプ部を抜き出して、ハンドワイアードのヘッド化したもの、’89年のJTM45リイシューをハンドワイアード化したもの、’77年製HiwattDR505 (カナダ仕様の50Wヘッド)の3つのヘッドのうちどれか2つを組み合わせて使うことが多いですが
アンプも含めたトータルの音作りに関しては後日また別の機会に詳しく書こうと思います。

歪みもの=ドライブペダルについてもここからずいぶん変遷を遂げて行く訳ですが、とりあえず
今日はここまで…。

〜続く〜

 

 

エフェクター考察 〜序章〜

1999年から2000年代半ばにかけては、ほとんどエフェクターって使ってませんでした。
その頃メインで使ってたアンプはMarshall JCM2000 DSL50ってやつで、足元にあるのは
チャンネル切り替え用のフットスイッチのみか、あってもチューナーとワウくらい。

軽くクランチ気味にセットしたクリーンチャンネルと、やや歪みの深いリードチャンネルを
フットスイッチで切り替えるだけで、リバーブだのディレイだのは必要な曲の時だけPA卓の
方でかけてもらうことにして、ほぼそれだけでなんとかなってましたね。


暗くて見え難いですが、これは2000年代半ばくらいの頃の足元。一番左にあるのがMarshallの
フットスイッチで、その隣がBOSSのチューナー、そしてSnarling Dogのワウ、一番右はBOSSの
フットスイッチのようだけど、何の用途だったかは不明(忘れてしまった)

当時はこのシンプル極まりないセッティングがけっこう気に入ってました。セッティングもバラしも超楽だし(笑)音色選びも迷う要素が全くないから、純粋にプレイに集中出来たしね。

でもこの後、徐々に音色に飽きて来ちゃったというか…何となく物足りなくなって、特に歪みの音にイマイチ色気が足りないような気がし始めて、あれこれとエフェクターをとっかえひっかえするようになって行く訳です。

これからここ十数年の間に使ったエフェクター、もう使ってないもの、使用中のもの、これから使ってみたいもの等々、ひっくるめて紹介して行きます。あくまでも個人の趣味嗜好によるものなので、どの程度参考になるのかわかりませんが…。

〜続く〜